まさにぃの折り紙コラム

折紙講師まさにぃのブログ。

折り紙作品を、より美しく。 〜試作品で「実験」してみよう〜

f:id:masanii_origami:20180723210003j:image

小松英夫「パピヨン

職場の同僚が飼っているパピヨンが、とってもかわいかったので。


この作品は、ほとんどの部分が裏の白色。
ちょっと勿体ない気もしますが、作品のリアリティを出すためには、ここまで思い切った発想も必要なんですね。

f:id:masanii_origami:20180723210024j:image


使用した紙は、25cm×25cm。ちょっと大きめですが、文房具屋でも普通に手に入ります。


♦︎♦︎♦︎


さて。
私は、難しそうな作品にチャレンジする際、よく試作品を作ります。


使うのはたいてい、無地の折り紙。時には、推奨サイズより大きめの紙を使うことも。


今回のパピヨンも、30cm×30cmで試作品を作りました(下の写真)。

f:id:masanii_origami:20180723210049j:image


本番の前に試作品を作るというのは、メリットが色々あります。今日は、3つに分けてお話しいたしましょう。


❶思いっきり失敗できる
❷相性バッチリな素材を選べる
❸【上級編】紙の酷使レベルを予測!
では、どうぞ。


♦︎♦︎♦︎


❶思いっきり失敗できる
これは、言うまでもないですね。
本番と違い、試作品はいくらでも失敗が許されます。


折り目を間違えても、紙が破れても大丈夫。


紙の限界を試すために、わざと紙を酷使したりもします。


ぐちゃぐちゃに…とまでは言いませんが、せっかくなので、色々なテクニックを試してみましょう。


❷相性バッチリな素材を選べる
テキストに載っている作品は、実際に折ってみると、雰囲気が想像と違うことがよくあります。


美しい作品を折るためには、どんな紙を使えばいいか。それを考えるのは、実物を見ながら考えるのが一番です。


・洋紙か和紙か
・無地か絵柄か
・15cmでいけるか、大きい方がいいか
などなど。


「これだ!」という紙に出会えたら、満を持して本番を折ってみましょう。


❸【上級編】紙の酷使レベルを予測!
テキストを読み進めていくうちに、


「ここは、強く折っていいのか?」
「軽めに折って、紙をいたわるべきか?」


と、迷うことがあります。


一つの箇所をたくさん折る場合、最初のプレスを強くしてしまうと、紙へのダメージが後半に響いてきます。染料がはげたり、最悪、破れてしまうことも。


しかし、あまり軽く折り過ぎると、紙が何枚も重なった時は邪魔ですよね。後からプレスし直すのも面倒くさい。


◯完成まであまり手を加えない(=もう紙を酷使する必要がない)箇所は、全力プレス。


◯これからたくさん折っていく(紙を酷使する)箇所は、優しくプレス。


慣れてくると、こういった細かい予測が、試作品を通してできるようになります。


♦︎♦︎♦︎


ということで、試作品を作るメリットを3つ挙げました。


しかし、決定的なデメリットもあります。


それは、

倍の時間がかかる。


時間に余裕があれば、問題ありません。しかし、無理に「試作品から始めるべきだ」と身構えると、面白くなくなってしまいます。


時間があるときは、試作品から入念に。
そうでないときは、サクッと一発チャレンジ。


うまく頭を切り替えながら、気軽に折り紙を楽しめるといいですね。

 

<テキスト紹介>

山口真「端正な折り紙」

パピヨンの出典はこちら。以前投稿した「富士山」や「マンモス」など、ユニークな作品が盛りだくさん。

兄弟作「秀麗な折り紙」もオススメ。